カテゴリー「韓国語☆한국어」の3件の記事

2008/04/18

朝鮮語辞典

初めて買った韓国語の辞書。

韓国に留学してから電子辞書を買ったんですが、それまではずっとこの辞書にお世話になってました。

NHKラジオ講座での学習が終わってから(参照→ここ)、どの本で勉強したらよいか分からず、韓国のテレビを見る日々が続きました。

当時KNTVでは、ドラマだけが字幕付で、他はほとんど字幕なし。(数年前にKNTVは解約しちゃいました。)

なので、バラエティやクイズ番組はチンプンカンプンwobbly

辞書を片手に見続け、tv画面の下に韓国語のテロップが出ると、一時停止して単語を調べ、30分番組を1時間かけて見てました。

調べた単語にはマークをつけてたので、同じのを引くと、あぁ~前にこの単語勉強したのに~shockと凹み、辞書をバシッと閉じ、いつの間にかボロボロに。

この辞書は高いdollarけど、評判が良かったので、即決め。

1番良いところは、例文が多いこと。

よく文章そのままパクらせてもらいました。w

うしろの付録も充実してて、動詞や形容詞の語尾変化の早見表、名前に使われる漢字など、役立つおまけが満載。

今は部屋の奥にしまってて、電子辞書しか使ってませんが、たまにこの辞書が見たくなる時があるので、また引っ張り出してこようと思っています。

朝鮮語辞典

朝鮮語辞典

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (3)

2008/04/06

NHKラジオ講座

目覚めたきっかけ(→ここ)でお話しましたが、韓国語の勉強をしたいと思った時から、実際に始めるまでには2年かかりました。

でも実は、いつでもスタートできるよう、準備していました。

2001年度のNHKラジオハングル講座の教材を買い続け、ラジオをMDに録りだめしていたのです。

なぜテレビではなくラジオを選んだのかというと・・・

テレビは“少し勉強したことがあり、ハングルを知ってる人”向けだと聞いたからです。

テレビもラジオも毎年変わるので、どっちが自分に合うかはその時の判断ですが、ちょうど2001年のラジオ講座は入門編でした。

ハングルが“記号”にしか見えてなかった私には、ラジオ講座のほうが良いと判断。

本当にㄱㄴㄷㄹからゆっくりと教えてくれる講座。

平日は毎日残業だったので、休日にまとめて2~3回分聞きました。

通勤電車の中でもテキストを見てたんですが、覚えられへんよぉぉぉぉぉと頭を抱える毎日。

パッチムなんてやってられるかぁぁぁぁぁ!と本を放り投げたくなったり。

先生の声のトーンも眠気を誘うかんじだったので、 講座を聞いてる間に「あ、また寝てしまった・・・」と巻き戻したりして、なんだか時間を無駄にしてるようで、きぃぃぃぃぃと何度もやめたくなりました。

実際、ちょこちょこ数ヶ月単位で休みました。japanesetea

しかし休んでも休んでも、ゾンビのように生き返る意欲。

当時は韓国人の彼がいたわけでもなく、仕事で使う環境だったわけでもなく、好きな芸能人がいたわけでもなく、これといった目的もないのに、一体何が私のモチベーションを上げてたんだろうか?

いろいろありましたが、なんとかラジオ講座終了。

半年コースなのに、1年かかりました・・・。

NHKラジオアンコールアンニョンハシムニカハングル講座(2008年度パート1) NHKラジオアンコールアンニョンハシムニカハングル講座(2008年度パート1)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (3) | トラックバック (0)

目覚めたきっかけ

ちょっと前、数年ぶりに韓国語の教材bookを買い、今までどうやって勉強してきたか少し考えました。

今思い返すと、やはり縁のある言葉だったんだなぁと思います。

学生時代は英語専攻で、文通相手がほしいなと思ってたんですが、知り合ったのは英語圏の人ではなく、韓国人でした。w

彼女が送ってくれたCDcdが、初めて韓国語に触れるきっかけになったんだと思います。

まだ韓流の始まる前で、ドラマも全く放送しておらず、韓国語を聞く機会が少なかったので、耳に入ってきた言葉がとても新鮮でした。shine

その時、韓国語も勉強してみたいと思ったんですが、英語以外のことに手を出すのはやめようと我慢。

就職後も英語の勉強を続け、いつかアメリカに永住したいと思い(3ヶ月間留学した時の印象が良かったので)、お金を貯めていました。

そのお金が韓国留学に使われることになるとは、この時は想像もしてなかった・・・。coldsweats01

英語の勉強に飽きてきた頃、部屋の掃除をしていたら、あのCDcdが出てきました。

「やっぱり韓国語を勉強しようflair」と思ったこの瞬間が、私の人生のターニングポイントだったのかな?と思います。

CDをもらってから、2年の月日が流れてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)