« 目覚めたきっかけ | トップページ | 遠距離の難しさ »

2008/04/06

NHKラジオ講座

目覚めたきっかけ(→ここ)でお話しましたが、韓国語の勉強をしたいと思った時から、実際に始めるまでには2年かかりました。

でも実は、いつでもスタートできるよう、準備していました。

2001年度のNHKラジオハングル講座の教材を買い続け、ラジオをMDに録りだめしていたのです。

なぜテレビではなくラジオを選んだのかというと・・・

テレビは“少し勉強したことがあり、ハングルを知ってる人”向けだと聞いたからです。

テレビもラジオも毎年変わるので、どっちが自分に合うかはその時の判断ですが、ちょうど2001年のラジオ講座は入門編でした。

ハングルが“記号”にしか見えてなかった私には、ラジオ講座のほうが良いと判断。

本当にㄱㄴㄷㄹからゆっくりと教えてくれる講座。

平日は毎日残業だったので、休日にまとめて2~3回分聞きました。

通勤電車の中でもテキストを見てたんですが、覚えられへんよぉぉぉぉぉと頭を抱える毎日。

パッチムなんてやってられるかぁぁぁぁぁ!と本を放り投げたくなったり。

先生の声のトーンも眠気を誘うかんじだったので、 講座を聞いてる間に「あ、また寝てしまった・・・」と巻き戻したりして、なんだか時間を無駄にしてるようで、きぃぃぃぃぃと何度もやめたくなりました。

実際、ちょこちょこ数ヶ月単位で休みました。japanesetea

しかし休んでも休んでも、ゾンビのように生き返る意欲。

当時は韓国人の彼がいたわけでもなく、仕事で使う環境だったわけでもなく、好きな芸能人がいたわけでもなく、これといった目的もないのに、一体何が私のモチベーションを上げてたんだろうか?

いろいろありましたが、なんとかラジオ講座終了。

半年コースなのに、1年かかりました・・・。

NHKラジオアンコールアンニョンハシムニカハングル講座(2008年度パート1) NHKラジオアンコールアンニョンハシムニカハングル講座(2008年度パート1)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

|

« 目覚めたきっかけ | トップページ | 遠距離の難しさ »

韓国語☆한국어」カテゴリの記事

コメント

scissors
ちゃんと修了しちゃったってすごい!!
私は何度もめげ、未だにゾンビから人間にはなれません。
あの最初の字の作りのところで、やる気がそがれる!!(偉そうに・・)

生きた先生はあまり役に立ってくれないし、
勉強は本当難しい〜!!

投稿: かうる | 2008/04/08 09:07

本当にモチベーションをあげるのは本当に苦労します。
私は言いたい事が言えなかった時に悔しくて上がったりします(笑)
やっぱり耳から入ってくる韓国語って重要ですよね。
私は毎日ドラマを見ています(笑)
ラジオ修了お疲れ様でした!

投稿: momo | 2008/04/08 20:45

>かうるさん
やる気がそがれる気持ち、よ~く分かります!
あの文字を覚えるという壁を乗り越えれば、人間になれるはずです。w

>momoさん
私もこのラジオ講座が終わったあとは、ひたすらテレビで勉強でした。
耳はほんと重要ですよね。
モチベーションアップ、がんばってください!

投稿: しゅしゅ | 2008/04/08 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000423/12359530

この記事へのトラックバック一覧です: NHKラジオ講座:

« 目覚めたきっかけ | トップページ | 遠距離の難しさ »