« 설날の前日 | トップページ | おっぱが来る! »

2008/03/29

恐怖の설날

설날の前日(→ここ)のつづき。

たまに「当日より前日の準備のほうが大変」とおっしゃる方もいますが、そんなことは全くありませんでした。

当日の朝、ハルモニとコモ(アボニムの妹)一家が来てから、みんなで朝食を食べることになってました。

しかし待てど待てど来ない!!もうお腹ペコペコ。

11時頃にいらして、やっと朝食タイム~。

私の中では、朝昼兼用のつもりで暴食。(>のちに後悔)

そして片付けはあとまわしで、セベットン(お年玉)タイムdollar

ハルモニへのご挨拶、コモ夫婦へのご挨拶、プモニムへのご挨拶、と順番にチョル(お辞儀)をして、セベットンをいただきました。

アボニムから「これからきちんと両親と話し合いなさい。家は用意してあげるから、いつでも来なさい。」というお言葉をいただき、「うち、ほんまに結婚するのかも」という気が(それでも“かも”って・・・sweat01)。

セベットンタイム終了後、朝食の片付け。

終わった瞬間、ピンポーンと親戚のご家族が1組。

お腹がすいたとおっしゃるので、12時半に昼食タイム。

さっき食べたばっかりやん!食べられへんわ!と思いつつ、がんばって詰め込みました。

そして片付け終わって一息ついた2時頃、またピンポーン

その一家のために、昼食の準備。

さすがに一緒に食べずに済んだけど、もうちょっと早く来てくれれば、二度手間にならなかったのに・・・。

そしてまた片付け終わって、あとは夕食まで休もうと思ってた矢先、ピンポーン

すると食事の準備を始めるオモニムたち。

え?3時半なんですけど・・・。まさか・・・。

はい、その一家の昼食タ~イム。

というわけで、食べ終わったらまた片付け。

そして皆さん、夕食を食べたあと、ご帰宅されました。

あ~、疲れた。

しかし実は私、大したことはしておりません。

オモニムもオンニたちも「今はまだお客さんなんだし、座ってていいよ。」と言ってくださったのですが、さすがに「じゃあ、座っときます」なんて言えないので、動いてるフリ。

要領が分からないので、「どうしよう。何やればええんやろ。」とフラフラしてただけ。

そう、体力的にではなく、精神的に疲れたのです。

설날、추석(秋夕)、제사(法事)、少なくとも1年に3回はこういうことがあるのか・・・。gawk

こうなることは予想できてたけど、なんか現実を見てしまったかんじで、すでに結婚への恐怖心が(笑)。

友達は「結婚後に大変さを知るより、覚悟できたからいいんじゃない?」って言ってたけど・・・。

“설날という1年で1番大きい行事に参加してしまったからやんな?”

“まだディープな韓国文化に対する知識がないからやんな?”

“自分たちの家で別々に生活すれば、また違うやんな?”

とボジティブに考えるように努力中。

遊んでる男性陣の中で唯一、おっぱだけはよく動いてたし(親戚の中でもマンネだから)、肩もんでくれたし、チムジルバンも連れていってくれたし・・・と前向きに考える要素もたくさんあるんですけどね。coldsweats01

|

« 설날の前日 | トップページ | おっぱが来る! »

国際結婚☆국제결혼」カテゴリの記事

コメント

す、すごいです。
ちょっと分かってた気で居たのですが、現実に本当にそうだと思うとちょっと怖いです。
私なんて言葉もちゃんと出来ないのに
お手伝いとか無理なような・・・。
怖いな~。
でもお友達が言われたように結婚して分かるよりも
今、分かってるほうが覚悟が出来ていいのかな?

投稿: momo | 2008/03/30 18:15

これが3回となると。。。
だからあじゅんまは体格がいいのかな!?

投稿: みょん | 2008/03/30 21:57

う~ん・・私も覚悟しなきゃ、と思いつつも、言葉のできるしゅしゅさんでさえディープだと思うのに、私なんてやっていけるんだろうか??って、ちょっと、いやかなり不安・・・・・。
せめて日本でできるだけ韓国語を覚えて、さらにお料理くらいフツーにできるようになっておかなきゃって、思ってますが、アマイですかね~^^;;;

投稿: tommy | 2008/03/30 23:23

わたしのおっぱは長男なので、
覚悟してます・・・・。

お年玉をもらえるのは嬉しいけど、
お正月はいやだなぁ・・。

結婚って響きは甘く感じてたけど、
でも現実は厳しいんだと改めて思います。

おっぱ頑張って!!(って、頑張るのは自分だろうって?!punch

投稿: かうる | 2008/03/31 09:04

>momoさん
私は事前に分かってて、良かった気がします。
結婚して「こんなはずじゃ・・・」となるよりは。

>みょんさん
確かにおっぱ一族の女性陣はみんな体格が良かったです。w
私はアジュンマみたいになりたくないなぁ。

>tommyさん
お料理ができたらポイント高いかもしれませんね~。
私は全くポイント稼げませんでしたが。w
逆に言葉ができないほうが、楽かも・・・って思ったりもしました。

>かうるさん
長男なんですか~。それは相当な覚悟がいりますね。
こんなにしんどいならお年玉とかいらないです。w
ほんとに結婚って甘いもんじゃないなぁと実感しました。

投稿: しゅしゅ | 2008/03/31 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000423/11936130

この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖の설날:

« 설날の前日 | トップページ | おっぱが来る! »